これから自分で勉強していくための基礎になりました。

ペットのための東洋医学基礎講座で学ばれたI.Oさん

これまでも東洋医学の考えは何となく実践していましたが、
(季節のものを食べる、体を冷やす、温める等)
愛犬の病気をきっかけに、病後などもう少し効能を意識した
ごはん作りができればと考えていました。

 

愛犬の病状が予測できない状態でしたので
ぎりぎりまで迷いましたが申込ました。

 

またきちんと基礎が学べる講座が他になかったためもあります。

 

実際に受講してみると、
今まで断片的に本やネットでかじっていたものを
一から体系的に学べて良かったです。

 

これから自分で勉強していくための基礎になりました。
ありがとうございました。

I.O様がその後家庭で実際にやってみてからのご感想

 

東洋医学のセミナーでは、大変お世話になりました。

 

まず、自分の体で実感したのはお昼休み!
外を歩いて汗かいた所に、迷わず選んだのは「おろしそば」。

 

知識がなくても、直感もちゃんと働いているものですね ^^
午後にテキストを見て、一気に涼しくなった自分の体は正直だなぁと感心しました。
冷え性の私は、特に冷やすものに敏感に反応するのかな?

 

それから、昨日耳が少し腫れていたのですが、何も原因が思い当たらないし、
もしかしたらこことつながっている内臓なのかなぁ?と思ったり、

 

まだまだ知識が足りませんが、考え方の幅が広がって楽しいです♪

 

そして、愛犬のこと。

 

病後ゆえ、セカンドオピニオンの東洋医学の獣医さんに
アドバイスをいただきながら食材を選んでいるのですが、
今回のセミナーを受けて、それらが平の食材だと理解できました ^^

 

「良くする」という発想ではなく「実でもなく虚でもなく」という発想を
基礎から理解できたは、私にとって大きかったです。

 

良くしようとして、結果的に悪くしていたということもあるのですよね。
実際に愛犬のことでは、体に良いはずのレバーやオリーブオイル、
飲み過ぎた場合は水でさえ悪影響を感じられたんです。

 

不健康な状態ならではなのでしょうけれど、本当に良い勉強になりました(涙)
まさに医食同源の意味を実感する日々です!

 

特に、体のむくみが目に見えてわかる程ひどく辛そうなのに、
西洋医学的には薬の影響だから仕方ないと言われていたのが、
東洋医学の先生に小豆のサプリを処方され、むくみが解消したのは驚きでした。

 

テキストを見ながら、あ!だからかぁ!と1人納得したり、
今回は今まで半分訳もわからず実践していたことがきちんと理解できて、すっきり!

私にとってはまさに大切な「基礎」を学ぶ機会になりました。

おかげ様でこれからさらに発展させて勉強できそうな予感がします。

 

回復とともに食べられるものも増えてきたので、
これからは自分で食材チョイスして、その都度様子を見ながら
サポートしてあげられるようになりたいなぁ。

 

今はまだ「これを試してみました」というご報告ができないのが残念ですが、
東洋医学のおかげで食材選びがもっと楽しくなりました。

ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。